2008年08月30日

インプラントの種類

インプラントとは、虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合に、骨に直接維持を求めた人工の歯(人工歯根)のことを指します。
現在、入れ歯やブリッジに替わる治療法として注目されています。

インプラントのメーカーは、全世界で100以上あると言われています。
オリジナルのインプラントを製造しているメーカーはほとんどなく、ほとんどはブローネマルク教授の開発したインプラントのコピー品や派生品です。

主なインプラントのメーカーとしては、I.T.I. インプラント、スイスプラスインプラント、ブローネマルクインプラント、アストラインプラントなどがあげられます。

I.T.Iインプラントは、インプラント体が短い為に日本人に適しています。治療期間も短く、費用も比較的安いです。

インプラントの形もさまざまです。主なものとして、ブレードタイプ、スクリュータイプ、シリンダータイプ、中空型などがあります。

ブレードタイプは、幹のような形で、幅が薄いので狭い箇所にも埋めることが可能ですが、破損しやすい難点もあります。

スクリュータイプは、ねじのような形です。骨にドリルでねじ切りし、そこに埋めます。比較的安定した形です。

シリンダータイプは、ねじのついていない円筒型です。現在良く使われています。安定していますが、初期は弱いので二回法が良いでしょう。

中空型は、スクリュー型に似ていますが、文字通り、中が空洞です。そのため、骨を削る量も少ないので、噛む力を効率的に伝えることができます。
ラベル:インプラント
posted by インプラント at 15:02| Comment(0) | TrackBack(0) | インプラント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。